YouTubeの動画撮影は連続撮影じゃなくても、部分撮ればいいことを学んだ!

部分撮影 動画撮影
スポンサーリンク
YouTubeの動画撮影は連続撮影じゃなくても、部分撮ればいいことを学んだ!

動画撮影ーユーチューブで動画撮影をしていると、自分なりに考えたり、工夫したりして、新しい気付きを得ることがあります。

今回、その一つで、部分撮影の利点についてお伝えします。

 

まず、わたしが使っているカメラですけど、カシオのデジカメです。

3,000円ぐらいで買いました。

 

当初は、本当に写真が目的でした。

それで、SDカードも8Gだけです。

 

写真なら、それで十分だったんですね。

ユーチューブを始めて、スマホでの動画撮影もやりましたけど、動画アップなどかなり問題があったので、このデジカメ一本に絞りました。

 

動画撮影のための必要な機能についても、かなり知識だけは増えてきました。

それで、このデジカメで足りないあるいは問題点を挙げます。

  • 手ぶれ補正が無い?十分じゃない
  • ズームがとても甘い
  • 広角が足りない
  • ブームや動きのときのピントがあいにく
  • 撮影時間の上限が5分
  • メモリーが現在8G

新しいカメラを探していますけど、買えるかどうかは、今後の大きな課題です。

たぶん、少なくとも1年先(汗)

 

でも、メモリーは、バンコクの通販で128Gー170バーツで買いました。

こんなの他には絶対ない^^

 

手ぶれ補正は、なるべく三脚を使うことにする!

ズームなどは、自分から、対象物に近づいたりして、改善する

 

そして、自動電源おf5分ですけど、ときどき撮影しているか確認する。

でもこれがかなり問題で、話すのに熱中していると、ついつい忘れちゃいます(汗)

 

それで、長時間の撮影に関して、今回部分撮影を考え、試してみました。

本当に、場所も時間も変えて、部分撮影することも想定内です。

 

やったのは、お昼ご飯を食べている青空駐車場です。

まあ、そこだけの撮影練習では、まったく意味がないんですけど、部分撮影のやり方、メリットはおわかりいただけたんじゃないでしょうか。

 

一つの対象を撮影するとき、かならずしも、ぜんぶを同時間に撮影完了しなくても、あとで、編集で加工できますから、部分撮影の価値がとても出てきます。

今回、それをわたしは、自分で気づいて、試してみたわけです。

 

そしたら、かなりいい、イケる撮影方法だと思いました。

いかがでしたでしょうか。

 

本当は、基本かもしれませんけど、わたしの動画撮影の技術のレベルって、こんなもんなんです。

 

ではでは~

 

コメント