バンコクBライフ5年の体質変化!暑いのにかなり慣れてきています!

つぶやき生活環境 つぶやき
スポンサーリンク
バンコクBライフ5年の体質変化!暑いのにかなり慣れてきています!

つぶやきーバンコク長期滞在も5年を超えました。

やはり生活環境、食生活が変わると、かなり体にも影響がでます。

 

まずバンコクなら、暑さに対してだと思いますね。

日本では真冬の2月でも、バンコクでは、32度程度です。

 

32度と言っても、日本の8月のそれとはだいぶ違う!って感じています。

同じ温度なのに、体感温度というか、感じがかなり違うんです。

 

お昼ご飯を食べているところは、寺院の裏で、木陰になっているし、風も通る場所です。

だからか、32度という感じじゃないです。

 

それに、湿度も関係しているかもしれません。

ただ、振り返ってみると、最初からこうだったか?というと、そうでもない!わけです。

 

バンコクに来る前に、すでにわたしは暑い地域には平気だ!っていう自負がありました。

だから、バンコクも同じだろう…程度の認識です。

 

来てすぐは、自分も納得しましたし、それなりに快適でした。

ところが、住まいが今の5階建ての最上階の部屋に移ると、突然変化が現れました。

 

タイの熱い直射日光を単に1枚のトタン屋根で仕切ってあるだけの天井です。

蒸し風呂以上の部屋でした。

 

さすがに、これではいわゆる夏バテ以上のだるさを感じて、へたばりましたね。

これじゃ、ダメだ!って思ったわけです。

 

ところが、そんな思いも1年も暮らすと、全くと言っていいほど変わりました。

なにが変わるって、自分しかないわけです。

 

同じ、夏、気温なのに、もちろん暑さは感じるけど、過ごせる!

同じ部屋で暮らせるわけです。

 

思うに、食べ物や飲み物そして、その摂り方が自分なりに買えてきた結果だと思います。

極力、現地と同じモノや食べ方は、かなり効果があると思います。

 

無理に、日本と同じ環境とかを求め、生活態度が変わらないと、体はかなりきついんじゃないか!ってことですね。

さいわい、わたしが偶然か、体質が変わったように感じています。

 

だから、33度でも35度でも、暑いけど、過ごせる!という自分になったんだと思います。

我ながら、すごいなぁ~とつくづく思いますよ!

 

これだから、バンコクBライフもそんなに悪くない!って言えるわけですね。

いかがですか。

 

どう、思われますか。

 

ではでは~

 

コメント