先輩野良猫くんがキャットフードを食べたがらない理由がなんとなくわかった

キャットフードの食べさせ方 猫-Life
スポンサーリンク
先輩野良猫くんがキャットフードを食べたがらない理由がなんとなくわかった

猫Lifeー今日も二人の猫ちゃんお待ちかね!

でも、今日はわたしのお昼ご飯に、鶏の骨はありません。

どうなることやら・・・

 

さっそく、キャットフードにありつくのは、後輩野良猫ママだけ!

先輩野良猫くんも、食べる仕草をしたけど、後輩野良猫ママを見て戦意喪失か!

 

そのまま、後輩野良猫ママは、ひとりキャットフードをほぼ全部食べてお腹いっぱいで、後ろに下がりお昼目モード。

なんとも、痛々しい光景・・・・

 

じっと、動かない先輩野良猫くんは、やや目線をわたしに向けるものの、鶏の骨は出てこない。

もう、諦めたのか、それでも、キャットフードはなし。

 

仕方なく、キャットフードを与えたけど、それも後輩野良猫ママが横取り。

もう、食べたくないのか、食欲不振か・・・・

 

ところが、ふと、わたしは、自分の手のひらにキャットフードを盛り付けて、先輩野良猫くんの口元にだすと、なんと、食べ始めました。

それも、かなりの量です!

 

ふと、考えてわかったのは、彼はお腹が空いてないんじゃなく、ペコペコ。

でも、食べなかったのは、食べにくかったから!

 

骨とか、ナマズは大きいし、口の中に入りやすい。

ところが、キャットフードは豆粒のようなもので、彼の体の中を通りにくかったんじゃないか。

 

足が長く、背が高い彼は、よく、お腹をひくひく痙攣っぽい仕草をしていた。

だから、食べようにもお腹まで飲み込まなくて、諦めていたのかも・・・

 

それで、明日からは、ちょっと考えてあげよう。

うーん。

 

うまくいくか。

 

ではでは~

 

 

コメント