デジカメを自転車の左ハンドル部分に固定して街を走ってみた!メリット・デメリットがわかった!

デジカメ自転車固定 動画撮影
スポンサーリンク
デジカメを自転車の左ハンドル部分に固定して街を走ってみた!メリット・デメリットがわかった!

動画撮影ーデジカメを自転車に固定できたのはいい!

でも、金具は振動で動きやすいから、固定場所と向きを考えることが大切です。

 

全体的に、前のかごにデジカメを三脚に取り付けて、左手で固定して撮影するよりは、遥かにいいと思う。

ブレは、画像を見る限り大した変わりはないみたいだけど、自転車運転の安全性は高くなる。

 

運転に神経を集中できる!

デジカメをハンドルに固定しても、走行時の振動でかなりズレる。

 

固定を目一杯やっても、効果はあまりなく、それよりも、固定場所を変えることで、デジカメの動く方向と、固定の方向をずらすことでかなり改善できる。

カメラ目線だけど、自分の見ている感じがどのくらいなのかがわかりにくい。

 

ちょっとずつ変えたところ、下から上向きにレンズを向けたほうが、景色を広く見ている感じがした。

アクションカメラでは、さらに違いが出るかもしれない。

 

デジカメは、ハンドルに取り付けることで、自分の声は拾えるけど、風の音もかなりうるさい。

途中で、電源がキレないように、信号待ちとかこまめに切ったけど、最後が映っていない(汗)

 

注意が必要。

ということで、感触はつかめた感じがする。

 

デジカメを固定しながらの移動は、かなり効果がある。

でも、どういった対象にするかを考える必要もある。

 

計画設計が結果につながるだろう。

 

 

ではでは~

 

コメント