野良猫くんははたしてナマズが好きか、キャットフードが好きか、試してみた!

ナマズかキャットフードか 猫-Life
スポンサーリンク
野良猫くんははたしてナマズが好きか、キャットフードが好きか、試してみた!

猫Lifeー先輩・後輩野良猫くんがわたしを待っていた。

特に後輩くんがそわそわ場所取りか、あちこち落ち着かない。

 

さて、今日はどんなストーリーが待っているのか。

この財政難のときに、わたしはキャットフードを買って持ってきたのだ!

 

先輩野良猫くんは、どっしりとわたしの正面に場所を取り落ち着いていた。

そわそわの後輩くんは、先輩に気を使いながらも、お昼ごはんのチャンスをものにしたいのか、うろうろと体勢を変え、場所を探し回っていた。

 

右に来たかと思えば、左に座ったりもした。

まず、鶏レバーの時間で、わたしは先輩野良猫くんにあげた。

 

今日は、ちょっと仕草が違っていた。

いつもは、パクパク食うのに、口に入れたままじっとしている。

 

食いこぼしを恐れたのか。

やはり食べ物の争奪戦が始まろうとしていた。

 

珍しく、そのまま一口でレバーを食べた。

余裕で、2つ目も待っていた。

 

後輩くんは、眺めているだけで、いらいら気味。

ナマズをあげようとすると、後輩くんが手を出した。

 

一瞬、乱闘が始まるかと思ったけど、先輩野良猫くんは、案外落ち着いて後輩のやることを眺めているだけ。

いつもの食べる様子は変わらなかった。

 

そこで、キャットフードを出した。

すると、ちょっとクンクンと鼻を近づけただけで、やはりナマズだけを食べた。

 

おーーーーー、やはりナマズ第一なですね!

あとで、後輩くんもちょっと食べたけど、あれだけお腹を空かしている後輩くんすら食べない・・・・(汗)

 

でも、最初から、高級ナマズの串焼きを与えていた、そして、わたしの昼ごはんがとても、まぶしく見えた^^

わたしの味覚に間違いなし!

 

ということで、けっこう涼しいけど、34度のバンコク、お昼はいつものとおり、お昼を終えました。

後輩くん、先輩くん、方向が互いに逆の方へ姿を消していきました。

 

 

ではでは~

 

 

コメント