野良猫くんたちのお昼ご飯はキャットフードだけ!でも食べた

キャットフード 猫-Life
スポンサーリンク
野良猫くんたちのお昼ご飯はキャットフードだけ!でも食べた

猫Lifeーわたしの財政難のため、自分で食べないナマズは買えなくなった。

そこで、今日はキャットフードのみ持参して、野良猫くんたちに会いに行った。

 

わたしの心配をよそに、二匹の野良猫くんたちはだいたい同時に姿を現した。

そんなに激しくはないけど、食べ物を奪い合いを想定させる動きを見せた。

 

でも、やはり強いのは後輩野良猫ママだ!

重いお腹をゆさゆさと動き回って、ご飯を探していた。

 

椅子に隠れるように、静かに座る先輩野良猫くんは、対照的。

そこで、さっそく、キャットフードをばらまいた。

 

すると、後輩野良猫ママが飛びつくように、先輩を出し抜いて食べ始めた。

というより、貪るように。

 

先輩野良猫くんは、最初から戦意消失なのか、じっとしたまま動かない。

やはり、キャットフードはだめか。

 

ひとりガツガツ食べるのは、ママ猫だ。

何度も、おかわりをあげてもかなりの量を食べたことになる。

 

ひとり、満腹すると、地面に座って毛づくろいを始めた。

今日は勝った!みたいな感じで、ゆうゆうと姿を消した。

 

まあ、ひとり取り残された、先輩野良猫くんは、お腹が空いていないのか。

やっと、動いて、反対の椅子の下に来た。

 

そこで、もう一度、キャットフードを目の前に出した。

すると、かなりの勢いで、食べ始めた。

 

やはり、お腹は空いていたんだ。

与え方が悪かったんだろう。

 

よくわからないけど、嬉しくなった。

量は、後輩野良猫ママの半分以下ぐらいかもしれない。

 

でも、ちゃんとたべたことが良かった。

それで、どういうわけか、先輩野良猫くんは、気を許してわたしの周りでじっとゆっくり休み始めた。

 

こっちも帰るに帰れず、しばらく隣に居てあげた。

最後は、体をなでても以前ほど抵抗はしなかった。

 

愛おしく感じた昼ごはんだった。

明日は、どうなることか。

 

ではでは~

 

コメント